AIビジネスプランナー養成講座

AIビジネスプランナー養成講座

概要

今、人工知能ビジネスを設計する。

人工知能やIOTの出現により、時代は大きなパラダイムシフト、ライフシフトを迎えようとしています。
このような時代をチャンスととらえるかピンチととらえるか。どのように対峙していくか準備は整っているでしょうか。

この、AIビジネスプランナー養成講座では、講師にお迎えした大手企業や機関のパートナー(戦略コンサルタント)の視点、考え方を学び、AIの活用を自分の問題(ビジネス)に落とし込むデザインシンキングの手法を学ぶことができます。

本講座で得られること

リーンスタートアップから自治体や大企業の事業戦略策定、大手の金融システムの根幹設計まで手がける、
日本屈指のデータサイエンティスト、戦略パートナーが
あなたが、あなたのビジネスでAIを活用したプランが立てられるよう導きます。

AIで結局何ができるのか、何ができないのか。

明日自分のビジネスに利益がでる具体的方策が導き出せるのか?

いくつものセミナーに出て、本を読んでいても、結局はきっかけを待つだけの傍観者のように感じていませんか? あなたの参加するそのセミナー、本当にあなたのビジネスを具現化しますか? 1年も2年も時間をかけて勉強している時ではないと考えていませんか?

もし、そんな風に考えていらっしゃる方がいらしたら、本講座を受けることで、たった1日であなたのビジネスにAIを活用できるのか、あるいはできないのか実践的な考え方と、AIを題材に思考する為の基礎的な要素を体系化して学ぶことができます。

対象者

・経営層
‐ 大企業の事業戦略策定に関わる経営陣・経営企画に携わるメンバー
‐ 中小ベンチャー企業社長
‐ これからスタートアップを立ち上げたい、やる気のある方。

AIに脅かされないために、AIを活用する側になりたい方

・コンサルタント:
‐ もっと上位の視野や役割でAI事業戦略の支援に関わりたい方。
‐ 新たな分野、専門分野での支援に関わりたい方。

” サチっている ” 状況の中にいてはいけないと感じている方。

対象とならない方

‐ データサイエンスやプログラミングの技術詳細を学びたい方
※今回、数式やソースコードの解説はしません。

今回特に重点とする分野

‐ 医療・ヘルスケア
‐ 飲食・小売
‐ 社会インフラ
‐ 農林水産

参加条件

‐難しい数式一切なし。参加にあたり特に必要なスキルはありません。

特徴

‐ AIの基礎から開発リソースの紹介まで、明日実行に移せる戦略の立て方をマルっと一気に学べます。
‐ トップ水準の戦略パートナーとの対話により人生や御社の事業戦略に重要な視点が加わります。
‐ 結論として”AIはまだ活用すべきでない”という判断を導くことも可能です。

定員

‐ 約20名 少人数精鋭でビジネス戦略を策定します。(※最少催行1名~)
‐ ご参加にあたり、参加動機を中心に審査がありますのでご了承ください。

開催日時

6月24日(土)10:00~17:00 (9:45受付)

場所

渋谷駅徒歩7分予定 (※お申し込み後ご連絡いたします。)

アジェンダ

<前半:人工知能の基礎とビジネス>

1.人工知能の基礎知識
人工知能とは何か?これまでのITと何がちがうのか?
AIが人間を凌駕しつつある分野
・・・Etc

2.人工知能とビジネス
企業の取組
必要なリソース
・・・Etc

3. 業界別のケーススタディー

‐医療・ヘルスケア

‐飲食・小売

‐社会インフラ

‐農林水産

<後半:AIを活用したビジネス構築 これからあなたはどうする?>

1.デザインシンキングとは
-基本的な考え方
-AIを例にした場合のビジネスの組み立て方、考え方

2.ワークショップ
3. テスト(AIの基礎/デザインシンキング)

AIビジネスコーディネーター認定証

今後案件をご一緒することになったり、あなたが人工知能のビジネスを組んでいくうえで、上記カリキュラムを塚本氏に師事して学んだ証としてご利用ください。

₋ 認定書発行条件

※ワークショップで課題が出来ていること。
※時間内に出来なかった方も後日提出で認定をいたします。

—-

講師紹介

塚本 幸一郎 Koichiro Tsukamoto

略歴

国内大手事業会社を経て米UTM企業の日本オフィス代表を務めた後、米SAS Institute・米FICOで金融工学を学ぶ。
その後、国内系大手戦略ファーム シグマクシスプリンシパル・世界最大手プライベートエクイティ系総合ファーム・国内系大手広告代理店・ブティックファームなどで戦略プラクティス・デジタル戦略のパートナーを務める。現在は産学連携の取り組みでMITメディアラボ・東京大学関係者と共にディープラーニング・IoT・デザインシンキングなどのビジネスオファリング開発に注力している。

プロフィール

IoT検定制度委員会認定プロフェッショナル

・コーディネータ、ITスキル検定フォーラム(ISRF)ワークグループメンバー

デジタル・マーケティング・アナリティックス研究部会員

一般社団法人 フィンテック協会 特別会員公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会認定会員。

日本ダイレクトマーケティング学会正会員。

メティスコンサルティングサービシス(ブリッジコンサルティング) 戦略顧問 兼 パートナー。

SAS Institute認定ビジネスインテリジェンス, データインテグレーション&アプリケーションズスペシャリスト。SAS Institute認定エンタープライズガイドスペシャリスト。
国内最大手事業会社 マーケティング部門、米セキュリティ対策大手ベンダー 日本代表代理(Deputy Country Manager)

SAS Institute アライアンス戦略部 マネジャー

フェア・アイザック 日本支社 戦略パートナー

株式会社シグマクシス プリンシパル、ブティックファーム CAO(最高解析責任者)& マネージングディレクター

その他フェロー、マネージング・ディレクター ストラテジー&アナリティクス統括などを経て現在に至る。
金融・生保・損保・流通・通信等の幅広い事業分野におけるコンサルティング経験を有する。顧客情報データを活用した企業の収益率向上を実現する要件定義・提案・導入及び定着化のコンサルティングに従事。収益予測や顧客分析、需要予測等の顧客データを活用した様々な業務プロセスにおける意思決定、収益率向上を実現するマーケティングモデル構築方法論の導入実績を持つ。

著書;ここが危ない! ビッグデータの落とし穴(日経BP)

【過去の主要プロジェクト履歴;マーケティング高度化、不正検知、ビッグデータなど】
[大手金融] Anti-Money Laundering (AML)、Event Based Marketing (EBM) 導入
[大手カード会社] 消費者の与信モデルをクレジットスコアリングにより自動測定
[生保・損保] 引き受け査定自動化システム導入
[大手証券会社] リスク管理モデルの更改
[大手広告代理店] テレビCM視聴傾向予測モデル構築
[大手通信会社] 顧客の離反防止や利用拡大予測モデル構築
[大手流通会社] データ統合、顧客分析、顧客とのコミュニケーション設計・実行モデル構築
[外資ITベンチャー企業] リード、顧客属性、販売管理等の業務プロセス構築

他 多数。

参加費

20万円(税別)

お申込み方法

参加お申込み

※参加者のビジネスクオリティーを高く設定しており1名から開催のプレミアム講座となっております。
お申し込みに当たっては、ご参加になられる方同士が安心して学べるよう、最低限の審査(身分証コピーのご提出など)もさせて頂いております。予めご了承ください。