G検定(ディープラーニングと機械学習の検定)模擬テストと公式例題解説を無料公開中

無料β版(225題)利用申請 

※ベータ版ですが気軽にご利用ください。

有料版ページへ(転職支援付)

※アイスタディ株式会社提供ページに飛びます。

提供:Study-AI
(日本ディープラーニング協会
E資格公認プログラム)

 
※試験概要(JDLA公式HPより)

G検定のシラバス(学習項目)はE資格のシラバスに共通します。また、G検定の機械学習の出題は単なる知識問題ではありません。E資格のように数式やプログラミングまでは出てこないものの、機械学習の各手法や課題点など網羅的な把握が必要です。そのため、G検定は将来E資格取得を目指す方が、膨大な機械学習(この中にディープラーニングも含みます。)という分野のまずは全体像をつかむという意味でも効率的な目標設定言えるのではないでしょうか。

また、E資格の筆記(会場)試験対策の一環としても大変有効です。

 
無料コンテンツその1/ G検定模擬テスト240題(120分)

模擬テストサンプル 

G検定受験前の模擬練習や、知識体系の積み上げにご利用ください。

無料コンテンツその2/ G検定機械学習入門動画(40分)

サンプル動画紹介 機械学習の直感的なイメージを掴む(約5分)

無料コンテンツその3/ G検定公式例題の解答と解説

日本ディープラーニング協会の公式ページにはG検定の例題が掲載されています。

http://www.jdla.org/business/certificate/

例題はとても参考になりますが、公式サイトには解答が掲載されていません。

気になっている方のために参考として解説を提供いたします。

監修: 塚本 幸一郎 Koichiro Tsukamoto

株式会社電通デジタル 研究主席

略歴
SAS Institute アライアンス戦略部 マネージャー、米フェア・アイザック 日本支社 パートナー、株式会社シグマクシス プリンシパル、ブティックファーム CAO(最高解析責任者)& マネージング・ディレクター、ビジネスコンサルティングファーム パートナー ビジネス&デジタル戦略統括、その他複数のコンサルティングファームを経て現在に至る。 詳細

著書;ここが危ない! ビッグデータの落とし穴(日経BP)

講演;東京大学、他多数。

直近の講演;武蔵野大学データサイエンス学部