AI活用スキル育成研修

企業の生産性向上に直結するようカリキュラムを最適化

企業担当者様との丁寧な打ち合わせにより企業の方向やご要望をヒアリングします。

1995年からのIT革命、 2005年からのスマートフォンの爆発的普及、そして2015 年からの AI(人工知能)の台頭。
今、人類は10 年というとてつもなく短いスパンで技術革新が起こる時代に突入しています。
そんな中、AI が活用できる人材の確保、育成は深刻な課題となっており2020 年には約5万人の不足が予測されています。
そうした社会的ニーズを背景に、 AI の先進的研究を行う東京都市大学メディア情報学部-大谷紀子教授と、AIを活用した講座実績豊富なStudy-AI のコラボが誕生しました。
本研修の提供により、企業がAIを活用できる人材を育成できるよう効果的に支援します。

AI活用スキル育成研修 カリキュラム

AI基礎研修コース
企画部や現場で課題に向き合う社員の方向け。現場だからこそ発見できる業務改善提案や生産性向上のアクションが出来る人材の育成を支援します。研修は、現在のAI技術で出来ること、出来ない事やコスト感、事例解説が中心となります。
AI実装研修コース
システムエンジニアや現場の技術者向け。企業内でAI内製やプロトタイプ製作ができる人材の育成を支援します。研修は、現場で使えるAI(ディープラーニング)の実装演習が中心となります。

モデルケース ※上記コースを織り交ぜたケース。 3H×5回

1回目

・AIの基礎知識
– AIの定義と歴史
– 探索による問題解決
– 知識表現と推論
– 学習

・進化計算アルゴリズム
– 遺伝的アルゴリズム
– その他のアルゴリズム
– 応用例(自動作曲など)

・最近の話題

2回目

・ニューラルネットの基礎知識
– ニューラルネットの歴史と概要
– ニューラルネットの順伝播と順伝播における行列演算
– 線形回帰と統計の手法
– ニューラルネットの誤差逆伝播
– 誤差の算出、誤差逆伝播

・全結合層の学習、学習の詳細

・DeepLearningの種類と流行要因(CNN、RNN、LSTM)
– CNNの学習と順伝播における行列演算
– 最新のCNNモデル(AlexNet、GoogLeNet、ResNet)
– クラウドサービスを使った画像認識

・ビジネス応用事例の紹介(異常検知、Iotとの連携、物体認識、顔認識)

3回目

・チャットボットの歴史と概要
– チャットボットの種類と仕組み(LINEボット、Twitterボット、独自ボット)
– チャットボットの技術要素
– 最近のトレンド(サービス動向/技術動向)
– アカウント. エージェント作成
– インテント/エンティティ
– プレビルドエージェント:Small Talk
– dialogflow(旧API.AI): マシンラーニング

・Line Bot
– Fulfillmentの準備: GCPのアカウント作成
– デモソースのダウンロード
– デモソースをGCPへデプロイ
– 動作確認
– デモソースのカスタマイズ

4回目

・DeepLearningを使った自然言語処理
チャットボットのセットアップ
– API トークンの取得 実際に作ったslackbotの紹介とその仕組みの解説
– 自然言語処理の基本
– 自然言語処理の目的(会話、分類、パターンマッチ、検索エンジン)
– 形態素解析(N-gram、Bag of Words、TF-IDF、応用例)
– 自然言語をDeepLearningを使って解析する(Word2Vec、doc2vec、RNN、LSTM)
– 応用例のデモ:slackbotで定期的にニーチェっぽいポエムが流れるようにする


– mnist の手書き文字認識
– 構築済みモデルによるテスト
– モデルによる精度、結果の差異分析考察
– 中間層の可視化
– 転移学習とFine-tuning
5回目

・IotとAIの組み合わせによるソリューション
– Iotの代表事例と技術概要
– 代表的な技術の説明(BLE、センサー)とハードウェアの基礎

・ミニドローン制御によるAI ×IOTの実装と実演
– Node.jsとBluethoothよるドローン制御概要、プログラミング実装
– 手書き文字認識による ドローンのAI着陸制御

代表講師

大谷紀子教授

大谷 紀子 (OTANI Noriko)

東京都市大学 メディア情報学部 情報システム学科 教授

博士(情報理工学) [2006年 東京大学]

■所属学会

人工知能学会 ,進化計算学会 ,情報処理学会 ,電子情報通信学会 ,日本AI音楽学会 ,土木学会 ,AAAI

教材紹介

複雑そうですが良く見ると掛け算の集合。


基礎演習の反復が複雑なAIアルゴリズムや高度な数学理解への近道になります。

Study-AIオリジナル ~延べ1000ページ以上ありますがこれ以上ないほどわかりやすく基礎を解説~
こういった実装の入門向け教材から、高度な実装向けのプログラミング教材、ビジネスソリューションの講義など、幅広い企業ニーズに対応が可能です。

AI活用スキル育成研修の特色

豊富な講義内容と講師陣

文系出身の受講者でも理解できるような超入門者向けの講義から、実際の現場で使われる高度な実装技術まで幅広い講義実績があり、企業のニーズに合わせたご対応が可能です。また、ドローンの活用やAI自動作曲など受講者が楽しく集中して学べる講義内容ラインナップも特徴です。

厳格

一方で修了テストなどで研修の習得度を測ったり、自社の生産性向上や業務改善に向けての考証を成果物とするなど、参加者1名1名の研修状況や研修成果を効果的に管理致します。また、研修ご担当者様が把握しやすく、ご報告しやすい方法でご提出いたします。

価格

講座内容

3H×5回(ヒアリングによりカスタム可能)

推奨人数

20~50名

価格

20万円/人 -基礎研修コース
30万円/人 -実装研修コース

※研修用パソコンの貸し出しも可能です。

お見積りフォーム

070-1392-0909 (10:00 – 18:00) studyai2020@gmail.com

※お見積りは概算のご提案になります(無料)。まずはカンタンなご要望をご記載の上ご相談ください。