G検定(ディープラーニングと機械学習の検定)模擬テストと公式例題解説を無料公開中

無料β版(225題)利用申請 

※ベータ版ですが気軽にご利用ください。

PR: -期間限定キャンペーン中

G検定取得で月会費「半額」になる AI開発サロンが誕生。 資格取得のモチベーションにしてください。 大好評G検定模擬試験のset2・set3(各200題)のご利用も可能です。

提供:Study-AI
(日本ディープラーニング協会
E資格公認プログラム)

 

※試験概要(JDLA公式HPより)

G検定の試験日程

2020年 第1回:2020年3月14日(土)*お申込受付は終了しました。

2020年 第2回:2020年7月4日(土)*お申込受付は終了しました。

2020年 第3回:2020年11月7日(土)

G検定のシラバス(学習項目)はE資格のシラバスに共通します。また、G検定の機械学習の出題は単なる知識問題ではありません。E資格のように数式やプログラミングまでは出てこないものの、機械学習の各手法や課題点など網羅的な把握が必要です。
無料コンテンツその1/ G検定模擬テスト240題(120分)

模擬テストサンプル G検定受験前の模擬練習や、知識体系の積み上げにご利用ください。  
無料コンテンツその2/ G検定機械学習入門動画(40分)
サンプル動画紹介 機械学習の直感的なイメージを掴む(約5分)
無料コンテンツその3/ G検定公式例題の解答と解説
日本ディープラーニング協会の公式ページにはG検定の例題が掲載されています。 http://www.jdla.org/business/certificate/ 例題はとても参考になりますが、公式サイトには解答が掲載されていません。 気になっている方のために参考として解説を提供いたします。

監修: 塚本 幸一郎 Koichiro Tsukamoto

株式会社フジクラ 健康経営推進室 上席部員
略歴
SAS Institute アライアンス戦略部 マネージャー、米フェア・アイザック 日本支社 パートナー、株式会社シグマクシス プリンシパル、ブティックファーム CAO(最高解析責任者)& マネージング・ディレクター、ビジネスコンサルティングファーム パートナー ビジネス&デジタル戦略統括、その他複数のコンサルティングファーム、株式会社電通デジタル 研究主席を経て現在に至る。
数多くの業種へBPR、OPEX、ディープラーニング、外食産業向けIoTを利用した調達業務プロセス改革、マーチャンダイジング、CRM最適化など上流工程からデリバリーまで一気通貫で顧客課題・要件に携わる。 統計学・線形計画法・シックスシグマ・金融工学に裏付けされたマーケティングモデル導入に関する多くの方法論を有する。
著書;ここが危ない! ビッグデータの落とし穴(日経BP)