塚本 幸一郎 Koichiro Tsukamoto

略歴国内大手事業会社を経て米UTM企業の日本オフィス代表を務めた後、米SAS Institute・米FICOで金融工学を学ぶ。
その後、国内系大手戦略ファーム シグマクシスプリンシパル・世界最大手プライベートエクイティ系総合ファーム・国内系大手広告代理店・ブティックファームなどで戦略プラクティス・デジタル戦略のパートナーを務める。現在は産学連携の取り組みでMITメディアラボ・東京大学関係者と共にディープラーニング・IoT・デザインシンキングなどのビジネスオファリング開発に注力している。

 

プロフィール

IoT検定制度委員会認定プロフェッショナル

・コーディネータ、ITスキル検定フォーラム(ISRF)ワークグループメンバー

デジタル・マーケティング・アナリティックス研究部会員

一般社団法人 フィンテック協会 特別会員公益社団法人 日本オペレーションズ・リサーチ学会認定会員。

日本ダイレクトマーケティング学会正会員。

メティスコンサルティングサービシス(ブリッジコンサルティング) 戦略顧問 兼 パートナー。

SAS Institute認定ビジネスインテリジェンス, データインテグレーション&アプリケーションズスペシャリスト。SAS Institute認定エンタープライズガイドスペシャリスト。
国内最大手事業会社 マーケティング部門、米セキュリティ対策大手ベンダー 日本代表代理(Deputy Country Manager)

SAS Institute アライアンス戦略部 マネジャー

フェア・アイザック 日本支社 戦略パートナー

株式会社シグマクシス プリンシパル、ブティックファーム CAO(最高解析責任者)& マネージングディレクター

その他フェロー、マネージング・ディレクター ストラテジー&アナリティクス統括などを経て現在に至る。
金融・生保・損保・流通・通信等の幅広い事業分野におけるコンサルティング経験を有する。顧客情報データを活用した企業の収益率向上を実現する要件定義・提案・導入及び定着化のコンサルティングに従事。収益予測や顧客分析、需要予測等の顧客データを活用した様々な業務プロセスにおける意思決定、収益率向上を実現するマーケティングモデル構築方法論の導入実績を持つ。

著書;ここが危ない! ビッグデータの落とし穴(日経BP)

【過去の主要プロジェクト履歴;マーケティング高度化、不正検知、ビッグデータなど】
[大手金融] Anti-Money Laundering (AML)、Event Based Marketing (EBM) 導入
[大手カード会社] 消費者の与信モデルをクレジットスコアリングにより自動測定
[生保・損保] 引き受け査定自動化システム導入
[大手証券会社] リスク管理モデルの更改
[大手広告代理店] テレビCM視聴傾向予測モデル構築
[大手通信会社] 顧客の離反防止や利用拡大予測モデル構築
[大手流通会社] データ統合、顧客分析、顧客とのコミュニケーション設計・実行モデル構築
[外資ITベンチャー企業] リード、顧客属性、販売管理等の業務プロセス構築
他 多数。

大政孝充

略歴株式会社ウェブファーマー代表 1975年、愛媛県生まれ。
京都大学工学部卒。学術修士。在学中に国家公務員1種試験に合格。
2006年に株式・ディリバティブ投資を始め、8年で資産を75倍にする。金融商品のデータを解析する傍ら、人工知能の研究に従事する。これまでディープラーニングや深層強化学習の新しいモデルを提案している。
単独で理論から実装まで手がける。また企業向け人工知能のコンサルティングや一般者向け深層学習勉強会などを開催している。

第1回人工知能ハッカソン in メディア工房にて優勝。
第2回全能アーキテクチャ・イニシアティブハッカソンにて敢闘賞を受賞。